ドクター

視界がグルグルするならそれはめまいの可能性大

女性

購入前の診察と選び方

難聴になると、補聴器の使用を考えますが、販売店で購入する前には、耳鼻科の受診を行います。補聴器適応かそうでないかの判断や、補聴器が装着できる状態であるのかの判断を行ってくれます。そして販売店では使用者自身が検査を受けてから購入することで、長期的に使用することができます。

注射治療で解決

婦人

めまいが発症したときには正しく対処しなければいけません。ここでは対処法について広く紹介していきます。まずその1つは安静にすることです。めまいというのは自身の姿勢がどのようなものかによって大きく異なるのです。そのため、めまいが起きたときには動かずにじっとしていることがおすすめです。また、光や音などの外的な刺激によって引き起こされることもあります。このような場合には日陰に入ったり、室内にいるときにはカーテンを閉じたり、電気を消すことです。テレビなどがついているときにはそれも消します。さらに、歩いているときに症状が発症したときにはすぐにその場で座り込むことです。歩き続けると歩行が安定しませんので、大きな事故につながる可能性があります。めまいが落ち着いたら歩きましょう。

めまいが頻繁に起こる場合には病院で適切な治療を受ける必要があります。めまいが止まらないようであれば7%炭酸水素ナトリウム注射液がおすすめです。症状がすぐに抑制されていきます。歩行がふらつくだけでなく嘔吐などの症状も起こるようであれば、メトクロプラミド静注も行います。他にも、精神的に不安がある人の場合にはジアゼパムなどの注射もあります。病院ではなく薬局で済ませたいという人には酔い止め薬が効果的です。それというのも、めまいは車酔いと同じような症状だからです。しかしながら、めまいといって軽く見てはいけません。場合によっては脳卒中などの脳の病気の可能性もありますので、病院で問題がないか検査をする必要があります。

ウーマン

種類と特徴

補聴器の利用者に年齢は関係なく、様々な人が利用しています。様々な種類がある補聴器を選ぶ時には、選び方にも注意しなければなりません。目的を明確にして選ぶと相性のよいものを見つけることができます。

婦人たち

耳にあうか確かめてから

高価な補聴器を試しもせずに購入しては後悔する可能性があるため、レンタルシステムがある専門店を利用しましょう。レンタルシステムならば必要な時だけ借りられますので、旅行やイベントのときだけ安価に利用することも可能です。